老人ホームでの楽しみ食事の良し悪しはどこで判断する?

photo05

良い老人ホームは食事が美味しい

老人ホームに入居したけれど、尊厳のある暮らしをしたい、また楽しい暮らしをしたい、と考えている方は少なくありません。

しかし、老人ホームに入居するのには、さまざまな点で不安があると思います。その一つは食事の面に関することです。

食事は、毎日のこととなりますので、たとえば老人ホームでの毎日の食事が美味しくなかったり、献立に変化がなかったりすると、生活そのものに楽しみがなくなってしまい、あらゆる点において、不満が生じてしまいます。
こういったことを避けるために、良い老人ホームを選ぶことが必要です。

良い老人ホームでは食事などにも気を配っており、様々なメニューを取り揃えていたり、スペシャルメニュー、また非日常メニューなどを取り入れていたりなど、利用者の方が満足できるような食事にしていることがほとんどです。

自分に合わせた食事を提供してもらえるか

老人ホームでは、自分に合わせた食事を提供してもらえるかどうか、ということは非常に重要な問題であるといえるでしょう。誰しもが味覚、また好みなどが違います。
また、食事の量が多い、また少ない、などもありますし、そしてアレルギーの有無、健康状態などが違います。

これらの違いに合わせて、老人ホーム側がその人に合わせた適切な食事を提供してくれるかどうかによって、暮らしの充実度が変わってくるのです。
毎日の食事となりますから、自分自身に合わせた食事を提供してくれる老人ホーム選びをすることが大切です。

 

 ベントなど特別食はあるか

photo04

良い老人ホームでは、食事などに気を配っているほか、1か月の献立、メニューにさまざまな工夫を凝らしているということが多いです。

たとえば、何か行事があるごとにスペシャルメニューなどを出していたり、さらには利用者の方が、旅先で食べるような非日常を感じることができるレシピであったり、さまざまな工夫を凝らしているのです。

こういった特別食は、毎日の暮らしをさらに楽しくしますし、ハリのあるものにします。
また、特別食を味わうことで、食欲増進などの効果があります。
毎日同じメニューの場合、飽きが来てしまう可能性がありますが、特別食があることで、旅行をした気分になれたり、感動できたり、また勉強出来たりするのです。

食事のおいしさを見極めるポイント

老人ホームで、食事の美味しさを見極めるためにはどうしたらよいのでしょうか。

まず、老人ホームによっては、調理師などが配置され、厨房で調理するところもあれば、外部の給食センターなどにお任せしているところもあります。

また、直接仕入れているところや、食材をレトルトを使用しているところもあります。

どういった方法で提供されるのか、確認しましょう。
また、食事に力を入れているところは、趣向を凝らしていることが多いです。

イベントメニューがあったり、またメニューを選べたり、またイベント用のメニューを用意したり、アンケートを行っていたり、バイキング形式の所もあります。

ただ、実際の美味しさなどはやはり実際に食べてみないとわかりません。

このため、試食つきの見学会、また体験入居などを行い、確認することが必要です。
また、一日のメニューではなく、1か月単位でのメニューをチェックしましょう。

見学に行くと、たいてい壁に貼りだされていますので、チェックしましょう。

また、パンフレットなどを送ってもらえたりしますので、これらもチェックすると良いでしょう。
また、以前から入居している人などに、機会があれば、食事の感想などを聞いてみるとよいでしょう。

実際の感想を聞くことができますので、利用者の本音なども聞くことができ大変参考になることが多いのです。